ピアノの音の伸びが悪い時

わかりづらい写真でスミマセン{/m_0162/}
これはアップライトピアノの弦(高音側)を写したものです。
今日伺ったお客様のピアノはこの音域の一部の音が伸びの悪い音だったので、弦の圧を弱めるために 一旦弦を緩めて隙間を作り 、帯状の赤いフェルト</font>(最初から貼り付けてあるものに追加する形で)を挿入し、緩めた弦を元に戻しました。
強すぎる弦の圧が弱まったことで本来の音伸びの良さが戻り、表現力が豊かになりました

-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-
福岡でピアノの事なら、「調律・修理の古川ピアノ」へ気軽にお問い合わせください
所在地;福岡県福岡市南区花畑  
お問い合わせは 090-7533-2462 又は、e-mail dabadaba12@yahoo.co.jp まで♪
-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-