虫に食べられたピアノの中のフェルト

ピアノ内部の虫喰いに遭ったフェルト部品

写真は鍵盤を一部分外したところで、下に溜まったホコリやゴミなどを掃除しながら、金属部品のサビ等  そしてフェルト部品の虫食いや摩耗を目視で確認していきます。
赤いフェルトを見ると、まん丸なものと ギザギザになったものが有るのが分かります。 ギザギザなのは虫に食べられてしまった部分です
度合いによってはこのフェルトを交換します。
この虫食い(虫害)はどんなピアノでも起こり得る症状で、定期的な調律の際に併せて確認していくことで、予防や被害の規模を限りなく小さくすることが可能です

 

-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-
福岡でピアノの事なら、「調律・修理の古川ピアノ」へ気軽にお問い合わせください
所在地;福岡県福岡市南区花畑  
お問い合わせは 090-7533-2462 又は、e-mail dabadaba12@yahoo.co.jp まで♪
-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-