中古ピアノに行うオーバーホールとは?

中古ピアノに行うオーバーホールとは?

ピアノは多くの方に親しまれている楽器の一つです。ピアノが奏でる優しく美しい音色に、魅了されている方は多くいらっしゃるでしょう。

そんなピアノの寿命はメンテナンス次第では約100年以上と言われていますが、長く愛用するためには定期的なお手入れが欠かせません。

ピアノを長持ちさせるための方法の一つに「オーバーホール」があります。こちらでは、そんなオーバーホールについてご紹介いたします。

オーバーホールって何?

オーバーホールとは、古くなったピアノを蘇らせるための方法です。ピアノを可能な限り分解して、弦やハンマー、鍵盤、チューニングピンなどの部品を交換・修理して再度組み立てることで、より美しい音色とタッチ感や、新品に近い演奏性能と外観を取り戻すことができます。

グランドピアノやアップライトピアノ、コンサートピアノと幅広い種類に対応していますので、ピアノ本来の魅力を取り戻したいという際にはオーバーホールを検討してみてはいかがでしょうか。

→オーバーホールの案内についてはこちらをご覧ください

修理とオーバーホールの違い

修理とオーバーホールの違い

修理とオーバーホールを同じものとして考えている方は少なくありませんが、修理とオーバーホールはそれぞれ別の修復方法です。

修理とは、故障した箇所のみ直す小規模~中規模程度の修理内容を指します。特定の部分を修理していくため、「機能回復」としての意味が大きいでしょう。

一方、オーバーホールはほぼ全て(部分的なオーダーももちろん可能です)の部品を交換する大掛かりな作業を行います。中古ピアノやグランドピアノに用いられることが多く、思い出をそのままに新品のように蘇らせることができるという点は、オーバーホールならではの特徴です。

福岡に所在している調律・修理の古川ピアノでは、オーバーホールを施した中古ピアノを販売しております。通常の新品ピアノよりもお求めやすい価格で、なおかつ一般的な中古ピアノよりも優れた状態でのご提供となっているため、ピアノの購入をお考えの際はお気軽にお問い合わせください。

オーバーホールのみのご依頼も受け付けております。ご予算やご要望に応じて、ハンマー交換・全弦交換などの部分的なご注文も可能です。弾いている大切なピアノが古くなってきた、音色が乏しくなってきた、タッチ感が悪くなってきたなどのお悩みが解決できるかもしれません。まずは気軽にお問い合わせください。

また、中古ピアノの販売の他に、ヤマハやカワイといったメーカーのピアノの買取も行っております。ピアノに関する豊富な経験と知識を活かして親切丁寧に対応いたしますので、福岡でピアノに関するお悩みをお持ちの方はぜひ調律・修理の古川ピアノへご相談ください。