ピアノに必要な調律とは?

ピアノに必要な調律とは?

毎日を快適に過ごす場合、日頃の健康管理が重要な鍵を握ります。それはピアノも同じで、美しい音を維持するためには「調律とメンテナンス」と呼ばれる健康管理が必要不可欠です。

こちらでは、ピアノに必要な調律についてご紹介いたします。

ピアノに調律とメンテナンスが必要な理由

ピアノに調律とメンテナンスが必要な理由

ピアノの弦には常に大きな負荷が掛かっており、時間の経過と共に徐々に音が下がっていきます。そのため、ピアノ調律が必要になるのです。

また、ピアノの精密な部品に天然素材が使用されていることも、ピアノ調律が必要な理由の一つです。天然素材は気温や湿度によって変質しやすく、音にも影響が出やすいです。

このことから、正しい音に合わせるためにピアノ調律が行われます。ピアノ調律を行うタイミングは、ピアノの使用頻度によって異なりますが、基本的に一年に最低1回は行うことをおすすめします。定期的に調律することで、ピアノにとってベストの状態を維持できるメリットがあります。

ピアノ調律の作業内容

内部点検

内部に溜まったゴミやホコリの清掃や、金属部品のサビ点検、フェルト部品の虫食い点検、その他ピアノの健康状態に異状がないか細かくチェックします。

整音

整音は柔らかい音色やハリのある音色と、ピアノの音色の雰囲気を変えることを目的としています。ハンマーのフェルトの形や硬さを調整することで、様々な雰囲気を演出できます。

整調

ピアノを演奏していると時折、弾きづらいと感じることも少なくありません。これは鍵盤に繋がるハンマーをはじめ、内部の部品の状態が関係しています。整調では鍵盤からハンマーに力が伝わるアクションを調整し、鍵盤のタッチを滑らかにします。

修理

鍵盤が押した状態のまま戻らない、音が出ないといった場合は、ピアノの機能そのものが故障している可能性が高いです。故障具合によってその場で修理できるものと、大掛かりな修理が必要なものがあります。ピアノの調子が悪い場合は早めに相談することが大切です。

福岡にある調律・修理の古川ピアノでは、ピアノ調律や修理に対応しております。お客様のご要望に合わせて、音色の変更やタッチの調整などを行います。お見積もりは無料で承っておりますので、料金や細かい作業内容なども、お気軽に福岡の調律・修理の古川ピアノへお問い合わせください。