主な資格・認定など

新しいハンマーフェルトに針を刺しているシーン

調律師(ピアノ技術者)には通常のピアノ調律技術 メンテナンス技術に関する資格/認定の他、いくつかの特殊な資格/認定が存在します。

このページでは古川ピアノが取得 保有している資格/認定を公開しております。

 


日本ピアノ調律師協会 正会員

国内で最も歴史が古く規模が大きい調律師団体です。技術の向上を目的とした各種研修会や、ピアノや音楽文化の啓蒙を目的とした様々な催しなどを企画開催。

2012年より福岡地区地区長を務めております。

グランフィール認定技術者

アップライトピアノをグランドピアノのような性能に進化させるグランフィール技術の後付技術認定です。認定元:鹿児島県の藤井ピアノサービス

消音ユニット取付認定

KORGやマジックスターなど、各種のアップライトピアノ用消音ユニット(サイレント機能)の後付認定取得済。

 


資格や認定などを取得することについて

ピアノに関する技術や、ピアノを取り巻く環境、そしてピアノを使用するお客様のニーズは日々変化しています。 その変化に対応する一つの手段として、ピアノ調律や修理 ピアノに付随するあらゆる技術や知識の習得が重要になります。

ピアノ調律や修理そのものは、100年以上の古くから受け継がれてきた伝統的な技法や考え方がとても多いのですが、例えばピアノ用のサイレント機能(後付式を含む消音機構)や上記のグランフィール(ピアノの性能を上昇させる画期的商品)など、従来はなかった全く新しい価値観の商品等が発明されています。 

これらの新しいアイテムや情報を収集 採用することで、ピアノユーザーの皆様により多彩でより便利なピアノライフを送って頂けるようになる との考えから、古川ピアノでは積極的にピアノに関する新しいコトに日々取り組んでいきます。